肥満と薄毛からの脱出!「背水の陣」に直面した中年男の日記

肥満と薄毛の話題だけではなく、趣味の読書・音楽・映画などのご紹介もしますよ。

諏訪大社~下社春宮 其の一

諏訪大社の上社本宮・上社前宮・高島城、そして、2日目は下社秋宮を参拝し、遊覧船に乗って諏訪湖一周を楽しんだ後、残す所は下社春宮のみとなりました。

前回までの主なブログはこちらです。

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

諏訪湖を出発して、この下社春宮に着いた頃は、午後4時近くになっていたかと思いますが、なんとか間に合いました。

f:id:pilgrim1969:20201129134542j:plain

下社春宮の入口の御影石の鳥居 後ほどご紹介する「万治の石仏」と同じ作者だと言われています。

f:id:pilgrim1969:20201129134651j:plain

下社春宮の境内ガイドです。下社秋宮と配置や構成は同じで、まず神楽殿が鎮座し、その後方に幣拝殿・左右片拝殿が堂々と主な建築物として鎮座し、その後方に左右に御宝殿がそれぞれ配置されています。下社秋宮と違うところは、左右の御宝殿の間に御神木として、杉の木がそびえ立ち、祀られていることです。下社秋宮は「一之御柱」を御神木として拝しています。

鳥居をくぐり、進んでいくと、まず見えてくるのが、神楽殿と「結びの杉」です。

f:id:pilgrim1969:20201129210008j:plain

中央の建物が「神楽殿」右側の大きな杉が「結びの杉」と言われていて、先で二又に分かれているが、根本で一つになっていることから、「縁結びの杉」と言われています。恋愛に限らず、あらゆる「縁」に効果があると言われています。

 

f:id:pilgrim1969:20201129210709j:plain

下社秋宮の神楽殿と同じように、立派な大注連縄が施してありますが、こちらは少しコンパクトな感じです。建物も下社秋宮より慎ましい感じです。右奥に見えるのは「一之御柱

 神楽殿は、創建は江戸時代前期の天和年間(1681~1684年)とかなり古いですが、しばしば改築されていたようで、この建物は昭和11年に改築されたものだそうです。

 

f:id:pilgrim1969:20201129211309j:plain

「筒粥殿(つつがゆでん)」毎年1月14日夜から15日の早朝にかけて、神職が囲炉裏を囲み、一晩中葦筒を米と小豆の粥に入れて炊き込み、葦筒44本の内、43本は作物の吉凶を、そして残りの1本は世の中を占うとのことです。土間中央の囲炉裏は江戸時代初期のものということで、とても興味深かったのですが、この日は扉が閉じていて見られませんでした。

f:id:pilgrim1969:20201129212211j:plain

「幣拝殿(へいはいでん)」(中央の二層の建物)と「二之御柱」(左側)  祭祀や拝礼を行うための建物で、下社秋宮の幣拝殿と同様、全体に見事な彫刻が施されています。中央の二重楼門づくりを幣拝殿、左右を片拝殿と呼ぶのだそうです。図面は下社秋宮と同じとのことで、下社秋宮の立川流と技術を競った地元の宮大工の柴宮長左衛門により、下社秋宮より1年早い安永九年(1780年)に建てられました。

f:id:pilgrim1969:20201129213238j:plain

左右片拝殿(さゆうかたはいでん) 中央の二層の幣拝殿を挟むようにして、建てられています。下社秋宮に比べて、幅が短く、屋根は片切になっています。全体的に下社秋宮よりコンパクトなのですね。

下社秋宮よりコンパクトで、建物や祀られている神様が少ないと思いきや、下社春宮はこれで終わりではありませんでした。

西側に砥川(とがわ)という清流が流れており、この川の中に「浮島(うきしま)」という島があり、どんな洪水にも流されなかったという下社七不思議の一つと言われています。

続きは次回へ。

諏訪湖

諏訪大社の上社本宮・上社前宮・高島城、そして、2日目は下社秋宮を参拝し、残す所は下社春宮のみとなりましたが、その前に忘れてはいけない、諏訪といえば、シンボルの大きな湖「諏訪湖」へ行って、しばしブレイクすることにしました。

前回までの主なブログはこちらです。

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

下社秋宮を出て、名物の信濃そばを頂いた後、急いで諏訪湖へ向かいました。

なんでそんなに急ぐかというと、諏訪湖の遊覧船に乗りたいからですが、遊覧船の最終は15時半だからです。

下社秋宮はとても見ごたえのある神社であり、午前中から参拝しても、全部を回るのに3時間はかかり、昼食を食べると、14時を回ってしまいました。

そんなに遠い場所ではないのですが、不慣れな土地ゆえ、何があるかわかりません。

でも、なんだかんだで14時半の遊覧船には間に合いました。

f:id:pilgrim1969:20201123180723j:plain

諏訪湖の遊覧船は、9時半が始発で、1時間毎に出発し、15時半が最終です。料金は、大人920円(税込)・子供460円(税込)で、約45分の周遊です。

あいにくの曇り空でしたが、GoToキャンペーン前の9月下旬のため、船内はガラガラで、広々と楽しめました。

f:id:pilgrim1969:20201123181504j:plain

デッキの上は、なかなかオシャレで、丸テーブルとカウンターチェアがあり、くつろげました。遠くに見える建物は僕たちが泊まった「ホテル紅や」です。

f:id:pilgrim1969:20201123181632j:plain

少し進んでいくと、船の左側に「初島」という小さな島が見えてきました。なぜか鳥居があって、神社があるようで、不思議な光景でした。カモメがたくさん止まっていました。

諏訪湖の四方八方をぐるりと見渡しましたが、つくづく山に囲まれた土地なんだなあと思いました。

なんか、山に囲まれて周りから隔離されているというか、山に護られているというか、とても特殊な場所ですね。

武田信玄も無くなる寸前に、自分の亡骸は諏訪湖に沈めてくれ、と言ったそうです。

なにか、惹かれるものがあったのでしょうか。

武田家のお宝が沈められていると、昔から伝説となっており、戦後に調査に入ったそうですが、残念ながら、見つからなかったそうです。

景色に見とれているうちに、元の港に到着してしまいました。

 

船を降りた後、売店に寄って、楽しみだった名物のソフトクリームを食べました。

f:id:pilgrim1969:20201123182858j:plain

やっぱり諏訪湖の遊覧船は有名なようで、いろいろな有名人のサイン色紙が飾られていました。売店の名物はソフトクリームで、それもわさび味ということで、挑戦してみましたが、超ハンパなく、辛かったです・・・妻が食べたサツマイモはとても甘くて、一応オススメはこちらですね。400円でした。

f:id:pilgrim1969:20201123183409j:plain

ふと、レジ横に「バッタ飴」があったので、見てみたら、ホントにバッタが飴状になっていました(汗)勇気のある方はどうぞ・・・

ソフトクリームを平らげ、最後の目的地「下社春宮」へ向かいました。

諏訪大社~下社秋宮 其の二

2日目の午前中は、下社秋宮に行ってきました。

前回のブログです。

pilgrim1969.hatenablog.jp

下社秋宮のメインの建物である、「神楽殿」・「幣拝殿」の「左右片拝殿」を堪能し、

幣拝殿の向かって右側の方に進みました。

左片拝殿の向かって右側には、昭和39年の昭和天皇・皇后両陛下の御参拝記念の「天覧の百松(三葉の松)」が、「秋宮一之御柱」と並んで高くそびえ立っていました。

f:id:pilgrim1969:20201115115255j:plain

「天覧の百松(三葉の松)」昭和39年の昭和天皇・皇后両陛下の御参拝記念だそうで、隣の「秋宮一之御柱」と共に仲良くそびえ立っていました。

その奥の方にも、神様が祀られていました。

上社本宮もそうでしたが、本殿だけではなく、至るところに様々な神様が祀られています。

f:id:pilgrim1969:20201115115645j:plain

左から「皇大神宮社」(伊勢神宮の御祭神である天照大御神などが祀られています)「若宮社」「稲荷社」

 その後、上社本宮と同じように、下社秋宮にも「宝物殿」があるとのことで、行ってみることにしました。

f:id:pilgrim1969:20201115132621j:plain

下社秋宮の「宝物殿」 建物の外観や中のレイアウト、展示物は同じような感じでしたが、微妙に違うものが展示されていました。

f:id:pilgrim1969:20201115132848j:plain

外観や内観はほぼ同じですが、上社と下社では歴史的に大祝の一族が異なっていて、微妙に歴史が異なり、それに応じて展示物も微妙に違っているので、こちらも一見の価値はあるかと思います。

宝物殿を出て、妻がトイレに行っている間、お土産を覗いてみました。

諏訪では、日本酒の醸造が盛んであるようで、「真澄(ますみ)」をあちこちで見かけます。

「諏訪の神酒」として「真澄」が展示してあったので、早速購入し、御柱から作ったという箸があったので、縁起が良さそうに感じ、こちらも購入しました。

f:id:pilgrim1969:20201115133753j:plain

諏訪の御神酒「真澄」と、御柱で作られた箸 まだ御神酒は飲んでいませんが、新年元旦の時に験担ぎで飲んでみたいと思います。それまでは我が家の神棚に飾っておきます。

f:id:pilgrim1969:20201115134216j:plain

お土産の建物の近くに、なぜか「さざれ石」がありました。あの「君が代」の歌詞に出てくる有名な「さざれ石」です。初めて見たのですが、気の遠くなるような長い年月を経て出来た風格と気品を感じ、その佇まいに圧倒されました。諏訪に元々あったものではなく、愛知県の某企業から奉納されたもののようですが、なかなか見応えがありました。

お昼過ぎとなり、鳥居をくぐって出たところ、妻が二つの鳥居が並んでいるのを見つけました。

八幡社と恵比寿社でした。

下社秋宮とは別の扱いの敷地のようで、八幡山と呼ばれている小山に建てられていました。

f:id:pilgrim1969:20201115135126j:plain

左側が「八幡社」、右側が「恵比寿社」

「恵比寿社」の方は、諏訪大神の御父神「大國主神」と兄の「事代主大神」が祀られており、諏訪大神とは非常に縁が深いということで、出雲大社美保神社からはるばる御分霊を受けて、昭和23年御鎮座祭を行って、諏訪大社末社となって、祀られることになったそうです。

この二大神は、農漁業・商工業などあらゆる産業の発展の神様であり、家の繁栄の神様である恵比寿様と同じ御神徳があるとのことです。

 

「下社秋宮」 「上社本宮」と共に、とても奥深く、しっかり堪能しました。

次は、昼食の後、諏訪湖へ向かいます。

諏訪大社~下社秋宮 其の一

夏季休暇を利用した諏訪旅行の1日目は、上社本宮・前宮そして高島城を訪れました。

↓ こちらがブログです。

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

 

ホテルをチェックアウトし、ホテル内のおみやげ店での買い物を楽しみました。

f:id:pilgrim1969:20201103123503j:plain

「長野の牛乳パンシリーズ」なにげにオススメです。ラスク・サブレ・キャラメル・サンドケーキ・フィナンシェといろいろと種類があり、地元長野の牛乳を使っているとのことで、フィナンシェを買いましたが、素朴な味で、昭和40年代生まれの方にはとても懐かしい味ではないかと思います。パッケージのデザインも素朴で、絵の男の子が何とも昭和的で愛らしいです。

2日目の最初は、下社秋宮にまず行きました。

ここは、上社下社4つの御社の中では、最も華やかなイメージが有りましたが、今回もそのように感じました。

上社本宮もとても豪華で華やかでしたが、下社秋宮はなんと表現すれば良いかわかりませんが、その「佇まい」に言葉で言い表せない気品と華やかさを感じます。

f:id:pilgrim1969:20201108200652j:plain

下社秋宮の案内図です。上社本宮と同様、いろいろな建物などが立ち並び、かなりの見応えがありそうです。

鳥居をくぐると、まず目につくのが、「根入りの杉」と呼ばれている樹齢なんと800年を数える御神木です。

f:id:pilgrim1969:20201103125026j:plain

「根入りの杉」樹齢なんと800年を数える御神木です。深夜丑三つ刻になると、枝先を下げるそうで、夜泣きの子供に小枝を煎じて飲ませると、夜泣きが止むと言い伝えられています。

そして、その後ろに控えるのが、有名な「神楽殿」です。

青銅製では日本一と言われている狛犬が両脇に控え、三方切妻造りで、1835年(天保六年)立川和四郎二代目富昌という人の作だそうです。

f:id:pilgrim1969:20201103130006j:plain

「神楽殿」正面の巨大な大注連縄は、重さ約一トンもあり、7年毎の御柱祭の時に新しく奉請されるそうです。

 

f:id:pilgrim1969:20201108194735j:plain

楽殿の奥に、「幣拝殿(へいはいでん)」が堂々と鎮座しています。

楽殿の奥が、「幣拝殿(へいはいでん)」で、二重楼門造りの拝殿を中心に、その左右に「左片拝殿」と「右片拝殿」が並びます。これらの建物は、江戸時代中期の絵図面では、幣拝殿が「帝屋(御門戸屋)」、左右片拝殿が「回廊」と記されており、諏訪高島藩の命により、1781年(安永十年)春に立川和四郎初代富棟によって造営されたそうです。

f:id:pilgrim1969:20201108195837j:plain

「幣拝殿(へいはいでん)」の正面 見事な彫刻が施されています。

f:id:pilgrim1969:20201108200224j:plain

左片拝殿 幣拝殿の左側で、こちらは彫刻は見られず、元々回廊だったようです。

f:id:pilgrim1969:20201108200405j:plain

こちらは右片拝殿 幣拝殿を挟んで、左右対称に鎮座しています。

幣拝殿と左右片拝殿の向かって左側には、下社秋宮二之御柱がそびえ立って祀られており、その手前に小さな四つの御社が祀られていました。

向かって右側から、「八坂社(やさかしゃ)」「賀茂上下社(かもじょうげしゃ)」「子安社(こやすしゃ)」「鹿島社(かしましゃ)」と呼ばれ、それぞれ御祭神は異なっていますが、諏訪明神とはゆかりのある御祭神です。

f:id:pilgrim1969:20201108201904j:plain

四つの御社と、秋宮二之御柱

まだまだご紹介する所がありますので、続きは次回へ。

諏訪・高島城

前回の続きです。

諏訪大社の上社本宮と前宮に行ってきました。

とりあえず、前回の前宮のブログはこちらです。

pilgrim1969.hatenablog.jp

pilgrim1969.hatenablog.jp

 

上社本宮・前宮と訪れ、時刻は午後3時を回っており、諏訪湖の遊覧船に乗る予定でしたが、間に合わなかったので、急遽高島城に行くことにしました。

高島城は、1590年に豊臣秀吉の家臣の日根野高吉が設計し、築いたと言われています。元々ここには漁業を営む村があったそうですが、村ごと移転させて築城したそうです。なかなかダイナミックですね。

完成当時は、城は湖水と湿地帯に囲まれ、あたかも諏訪湖に城が浮かんで見えたことから、「諏訪の浮城」と呼ばれていたそうです。

今では、高島城の周りは住宅や道路が張り巡らされており、諏訪湖からも距離があり、そのような面影は全くありません。

でも、当時の高島城を見てみたいですね。きっと幻想的な風景だったことでしょう。

f:id:pilgrim1969:20201029115528j:plain

1970年に復興された高島城 その前でおどけてみせる妻

 復興された高島城は、3層構造となっており、エントランスの1階は、企画展示コーナー・資料コーナーとなっております。

f:id:pilgrim1969:20201101134702j:plain

高島城一階は、企画展示コーナーで、様々な興味深い資料が展示されています。

諏訪の古来からの歴史の説明や、それにまつわる資料が展示されています。

 

f:id:pilgrim1969:20201101135210j:plain

「梶の葉紋」

「梶の葉紋」梶は布や紙の原料となり、神事にも使われた神聖な植物とされていたようです。古くから諏訪大社の神紋に定められ、諏訪明神そのものを表すものとされてきました。

初めは決まった形はなかったようで、様々なパターンがあったようで、上社と下社でも根の数が違っており、上社神紋は根が四本、下社神紋は根が五本となっております。高島藩主の諏訪家も、諏訪明神の末裔としてこの紋を使っていますが、上社の四本梶を使い、それをさらに丸で囲んでおります。

f:id:pilgrim1969:20201101152321j:plain

一階の企画展示コーナー とても興味深い展示物が盛り沢山です。突き当りに掲示されているのは、御枕屏風(おまくらびょうぶ)で、1664年に高島藩三代藩主の諏訪忠晴が画工に命じて作らせた地図のようなもので、これを傍らに置いて仕事を行ったので、このように名付けられたそうです。江戸時代初期の村落の場所や高島城、城下町などの姿をうかがい知ることができる貴重な資料であり、美術的にも優れているとのことです。

2階は、高島城の歴史を表す様々な資料が展示されている「資料室」となっています。写真撮影禁止なので、お見せすることは出来ませんが、主に代々の藩主が使っていた調度品や武具類、藩主が実際に描いたといわれる絵画や、詠んで書き記したといわれる俳諧などの文芸作品が展示されていて、これもまた興味深いです。

見ていて気づいたのは、諏訪家の方々というのは、実に文芸に秀でた方が多かったのだなあ、ということです。なかなか実際の芸術家顔負けの素晴らしい作品ばかりです。まあ、藩主の方の中には、政治を顧みず、文芸に没頭してしまった方もいらしたようですが・・・

3階は、展望コーナーとなっており、四方八方の雄大な景色が一望できて、とても素晴らしかったです。

f:id:pilgrim1969:20201101154012j:plain

高島城から、諏訪湖方面を望む。高島城築城の約420年前当時は、諏訪湖の湖水はすぐ目の前まで来ていて、囲まれていたそうです。今ではその面影はなく、歳月の流れを感じます。

ほどなく、閉館の時間となったので、城を出て、高島公園を散策しました。

f:id:pilgrim1969:20201101154910j:plain

「冠木門」本丸の表門にあたるとのことで、現在は楼門が復興されています。右側の大木は「ミヤマキハダ」という木で、江戸時代に薬用として植えられていた木の名残とのことで、樹齢なんと120年で天然記念物に指定されています。

f:id:pilgrim1969:20201101155500j:plain

かつてこの庭園内には本丸御殿の建物が立ち並び、この池のあたりには能舞台があったそうです。江戸時代後期の文政時代に新築され、現在では高島藩主諏訪家の菩提寺であった温泉寺の本堂として、移築されました。

f:id:pilgrim1969:20201101155849j:plain

川渡門跡 本丸の諏訪湖側にあった門ですが、現在は三之丸にあった御殿の裏門がこの場所に移されたとのことです。

高島公園を出て、日が落ち始めてきたので、ホテルにチェックインすることにしました。

「紅や(べにや)」と呼ばれる、諏訪湖畔に立つ、老舗のホテルを予約していました。

f:id:pilgrim1969:20201101160825j:plain

ホテル「紅や」 なかなかスタイリッシュで良いホテルでした。

9月で、僕たちは東京都民だったので、GoToトラベルの対象外でしたが、それでもリーズナブルに泊まることが出来ました。

まあ、食事なしの素泊まりブラン・タウンビー(諏訪湖を見渡せるレイクビューではないということです)・一泊二日・二人ですが、ヤフーの割引特典を駆使して、税込み13,200円でした。食事付きでレイクビューだと、20,000円近くいってしまうと思いますが、GoToトラベルを使えば、結構安く泊まれるかもしれません。

温泉は最上階にあり、夜景を眺めながらの入浴はなかなか至福のひとときでした。

f:id:pilgrim1969:20201101163301j:plain

和室8畳の部屋で、バス・トイレ一緒でしたが、洗面所は2箇所あり、キレイな部屋で結構快適でした。

 

諏訪大社~上社前宮 其の二

前回の続きです。↓

 

pilgrim1969.hatenablog.jp

 

本殿のすぐ横にある「水眼(すいが)」と呼ばれる名水の清流の音に癒やされながら、先に進んでいき、「前宮二之御柱」をしばし眺めていると、 「水眼(すいが)」を挟んで向こう側に「前宮三之御柱」が見えました。

f:id:pilgrim1969:20201025165836j:plain

「前宮二之御柱」の向こう側に、「水眼」を挟んで、「前宮三之御柱」が見えます。このコントラストがなかなか素晴らしいです。

f:id:pilgrim1969:20201025170044j:plain

「水眼」と「前宮三之御柱」 中央の青い光が神がかった雰囲気を醸し出しています。

f:id:pilgrim1969:20201025170618j:plain

本殿を挟んで、反対側に行ってみると、「前宮一之御柱」がそびえ立っていました。

本宮と違って、御柱は近いところをわかりやすい位置に立っています。

f:id:pilgrim1969:20201025171047j:plain

もう少し先に進んでみると、「前宮四之御柱」がすぐに見つかりました。

f:id:pilgrim1969:20201025171309j:plain

本殿の裏側には、樹齢千年はあると言われている大木がいくつかそびえ立っていました。

f:id:pilgrim1969:20201025171426j:plain

こちらもなかなか立派です。

f:id:pilgrim1969:20201025171844j:plain

鳥居の方まで戻ってきました。4つの御社の中で最も古い由緒ある御社であったことが伺われました。

f:id:pilgrim1969:20201025172007j:plain

中世までは祭政の中心であり、統括していた諏訪明神の現人神と言われていた「大祝(おおほうり)」の居館と神殿があった場所で、「こうどの」と言われていて、前宮にとって重要な建物が存在していました。この一体は「神原(こうばら)」と言われていたそうですが、戦国時代に同族間争いで荒廃してしまいました。それでもなんとか清地にかえして、一応大祝の居館として、近世まで続き、祭儀は引き続きここで行われていたそうです。諏訪大社の上社の祭政一致時代の古体の跡を示している最も由緒ある史跡とのことです。

上社の本宮・前宮と堪能し、この後、幕末まで政治の中心だった諏訪氏の居城「高島城」へ向かいます。

続きは次回ということで。







 

諏訪大社~上社前宮 其の一

かなり見ごたえのあった諏訪大社の上社本宮を出て、ちょうどお昼すぎになったので、昼食をいただくことにしました。

上社本宮のブログはこちらです。

pilgrim1969.hatenablog.jp

 

pilgrim1969.hatenablog.jp

事前に調べていたのは、地元諏訪市の観光センターが勧めていた、「そば蔵」という地元で有名な蕎麦の老舗の渡辺製麺が経営しているお店。

「諏訪インター店」という、諏訪インター近くの国道沿いのお店に行くことにしました。

f:id:pilgrim1969:20201018122146j:plain

水車が風情を醸し出していて、昔のそば店を思い起こさせる素敵な建物でした。

 

f:id:pilgrim1969:20201018121550j:plain

「海老ハイカラ定食」以前人気のあったメニューの復刻だそうで、かき揚げに小海老を乗せた天丼と、温かいお蕎麦のセットです。海老が生のようにプリプリしていて、蕎麦もコシが強くしなやかで、さすが本場信州そばと言う感じでした。妻もご満悦でした。お値段は900円(税込)

f:id:pilgrim1969:20201018122327j:plain

とても美味しかったので、このお店の乾麺を購入し、オマケで揚げ蕎麦をいただきました。サッパリしていて歯ごたえよく、焼酎とよく合いました。

そば蔵のホームページはこちらです。↓

www.watanabeseimen.co.jp

 

お店を出て、上社前宮へ向かいました。

このお店から車で約5分ほどでしょうか。

上社本宮からも近いのですが、住所は茅野市となります。

f:id:pilgrim1969:20201018123259j:plain

上社前宮の最初の入口の大鳥居 上社本宮と同じもののようで、かなり立派です。

f:id:pilgrim1969:20201018145217j:plain

上社前宮の案内図 このお宮は他と違って、鳥居をくぐるといったん公道に出て、登っていくと、本殿があります。

f:id:pilgrim1969:20201018155557j:plain

大鳥居をくぐって、前へ登り進んでいくと、第二の鳥居があり、左側に「十間廊(じっけんろう)」、右側に「内御霊殿(うちみたまでん)」があります。」

上社前宮は、御祭神が最初に居を構えたと伝えられる、諏訪信仰発祥の地と伝えられ、諏訪大社の四つの社の中でも最古のものです。

山の高台に立ち、豊富な水の流れがあって、のどかな場所であり、他の三つの社とは趣が違う感じです。

f:id:pilgrim1969:20201018160558j:plain

右側の「内御霊殿(うちみたまでん)」は、現在改装中です。諏訪明神の祖霊が宿るといわれる御神宝が安置されていて、この扉を開いて、弥栄の鈴・真澄の鏡を取り出し、神事を行ったそうです。この社殿は昭和7年に改装されたそうですが、元々は天正13年(戦国時代)に造影された、上社では最古の建造物であったそうです。

f:id:pilgrim1969:20201018161250j:plain

左側の「十間廊(じっけんろう)」は、中世までは諏訪祭政の政治が行われていた場所で、すべての貢物はここに並べられた、諏訪の中心だった場所です。

f:id:pilgrim1969:20201018161908j:plain

毎年4月15日の「酉の祭」には、75の鹿の頭が供えられ(かなりスゴい光景・・・)、中に必ず耳の裂けた鹿が入っていることから、諏訪の七不思議の一つだったそうです。ここに主な有力者が集まり、舞を観ながら宴が行われていた華やかな場所だったとのことですが、「兵どもが夢の跡」といった感じですね・・・

f:id:pilgrim1969:20201018162415j:plain

鳥居をくぐり、公道を進んでいくと、山里ののどかな風景が続きます。

水車越しに見える建物は、「阿弥陀堂跡」です。

f:id:pilgrim1969:20201018162608j:plain

公道を登っていき、突き当りに、木々に覆われた「本殿」が現れました。

f:id:pilgrim1969:20201018162730j:plain

上社本宮と違って、参拝客がほとんど来ないため、静かで厳かな雰囲気を醸し出しています。こういう場所の方が、神聖な感じがしますね。

上社前宮や、先ほどの華やかな上社本宮より古くからあったお宮で、その奥の方に墳墓と伝えられています。
古来から立ち入ることが禁じられ、それを侵すと神罰が下るといわれて、畏れられてきました。

この本殿は、昭和7年伊勢神宮の建て替えた後の古い建材が下賜されて造営されたとのことで、とても価値ある由緒ある建物だといえます。

f:id:pilgrim1969:20201018163605j:plain

本殿の左側には「水眼(すいが)」と呼ばれる名水の清流があります。科学的な調査もされて、とても水質が良いことがわかり、昔から御神水として大切にされてきたそうです。中世においては、上社前宮で重要な神事をつとめるまえに心身を清めるのに使われたそうです。清らかな水のせせらぎと流れる音が、とても心地良かったです。遠くに見えるのは、「前宮二之御柱」です。

また、長くなってしまったので、続きは次回ということで。